403エラー復旧時間と方法 Xサーバーからアクセス制限 アクセス過多は503だけじゃない

何事もなく運用していたエックスサーバーのサイトが突然403エラーで表示されなくなってしまいました。同時アクセス数が突発的に1000を超えたものの、過去に4000を超えてもその時は問題なく表示されていたので、別の深刻な問題ではと不安になっていたのですが、結局これはアクセス過多によるXサーバー側からの規制でした。

てっきりアクセス過多によるエラーは503だけだと思っていました。

今月はX10プランで300万アクセスを超えてしまっているので、日ごとの容量制限システムではありますが、もしかすると累計でのデータ転送量も影響があったのかもしれません。まあただXサーバーからの通知を見る限りでは、恐らくは一時的なアクセス過多のみが原因だと思います。

Xサーバーからの回答

行き違いになってしまい、問い合わせした後に規制しましたというメールが届いていました。(その後問い合わせの解答も頂きました。)

こちらがお知らせメール。

こちらがメールの解答。

やはり一時的なアクセス過多による制限とのこと。該当の記事は画像を多用したり他の記事ページに比べて容量を使っているわけでもなかったので少し謎ではありました。時間帯も影響があったのかもしれませんが、やはり過去に同時間帯に更に多い同時アクセス数を乗り切ったことはあります。

まあ月額1000円で月間300万アクセスや同時アクセス1000を安定して捌ける時点で感謝なんですけどね。

以前はXサーバーもそこまで突出してはいなかったのですが、現在はXアクセラレータ機能がデフォルトで有効になっており、Xアクセラレータを有効にしているサイトは以前の何倍もの同時アクセス数を捌けるようになっているようです。

(但しサイトによってはXアクセラレータと相性が悪いものもあります。例えばユーザーにログインを要するような通販等の会員制のサイトや、テキストメインの軽いサイトは効果がそれほどでないとのこと。一般的なブログやサイトであればある程度の効果はあるでしょう)

403エラーの復旧時間

メールには僅か数分ほどの時間が表記されていますが、これはアクセスが集中した時間帯であって、制限されたのはおよそ2時間弱でした。ちなみにXサーバーのQ&Aサポートには403エラーの原因にアクセス過多という記載はありません。

403 Forbiddenエラーは、アクセス権限がない場合に発生します。

サーバーのご契約が有効でない(サーバーの「凍結」状態)
ドメインフォルダ内の[ public_html ]にデフォルトドキュメント(index.html や index.htm)がアップロードされていない
[ public_html ](または上位フォルダ)が削除されている
特定のIPアドレスからアクセスを拒否している
パーミッションに誤りがある
.htaccessの記述に誤りがある
WAF設定により不正アクセスと判断され拒否されている

Xサーバーの公式サイトには上記の理由しか記載されていません。

アクセス過多でも403エラーが起りえますので、心当たりがあれば一端放置しましょう。そのうち復旧します。焦ってすぐにhtaccessファイル等をいじると逆に面倒になるかもしれないので注意です。

同時アクセス数1500と仮定すると、恐らく5000円程度の損失でしょうか。割と痛いですがメインのブログを問題ないレベルで捌けるようなレンタルサーバーを探すと月額料金で10000円以上かかってしまいますし、引っ越しのリスクなども踏まえると当面今のままでいいのかなと考えてます。共用サーバーということで他のユーザーに迷惑をかけてしてはいけないので当然の処置ですね。同様の状況になった方は甘んじて受け入れましょう。