ネームサーバー変更が反映されるまでの期間を検証 エックスサーバー⇒mixhostの時間

とあるブログをエックスサーバーからmixhostに引っ越しさせてみて、ネームサーバーの変更が完全に終了するまでの期間を検証してみました。

自身のパソコンでは数時間で反映されたからオッケーと思いきや、ユーザーによってはかなり長い時間旧レンタルサーバーのデータを参照にすることも多いので、DNSの浸透期間を過ぎるまでは旧レンタルサーバーのデータも残しておくのがサーバー引っ越しとネームサーバー変更の約束事です。

丸2日で旧レンタルサーバーへのアクセスはなくなった

上記は旧サーバーとして使用していたエックスサーバーのアクセス解析情報。

1日あたりのページビュー15万とか出ていますが、実際にはその半分もないです。大規模なサイトは動かしたくないので、こちらの中規模なサイトで検証しました。ネームサーバーの変更を行ったのは9日の朝頃です。翌日にはまだエックスサーバーへの接続がありましたが、11一日には全くなくなりました。

ですので、通常は1週間ほどの猶予期間を推奨されていますが、実情としては3日もたてば旧レンタルサーバーのデータは削除して大丈夫かなと思います。 まあ敢えて削除する必要もないですが、こういった仕様になっていると一つの参考になれば幸いです。

ちなみに個人的にはエックスサーバーの方が好みのサーバーなので、再度エックスサーバーに戻す予定です。今回はサーバーのIPアドレスの変更をしたくてついでに検証してみました。